teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


***  元上野原市主任児童委員の訃報を聞いて

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 9月21日(木)07時20分0秒
編集済
          *****  *****

 全国の皆さん、お早うございます。上野原は素晴らしい秋晴れの良い天気です。田圃の稲は

台風18号で倒れたままですが、そのままにしておいて10月8日(日)の稲刈りまで待ちま

す。草ぼうぼうだったネギ畑も大半は耕し直して白菜、キャベツ、ブロッコリーなどの苗を次

々と植えています。昨日午後も2時間かけて長い2うねを作りましから、また農協センターへ

行って苗を買ってきます。畝はあと3すじほどできそうですから、この秋は野菜が沢山出来ま

す。トマトとなすはまだ少しずつ成っています。

 一昨日の新聞を見ていたら、市内の元主任児童委員の名が訃報にありました。私より2歳若

い女性で、私が2004年12月から2013年11月までの9年間、上野原市島田地区民生

委員であったころ、主任児童委員(上野原市には3人いました)として月例会にはほとんど毎

回出席して、市内のこと県内のことなどの御自分が出席した様々な動きや幅広い情報を提供し

たてくれただけではなく、赤旗から聖教新聞まで目を通していて私たち島田地区8人の民生委

員を指導してくださいました。私ともう一人の民生委員と同じ2013年11月に主任児童委

員を辞任しています。74歳という最近では早すぎる死で残念です。長らく神奈川県千木良小

学校の先生であり、夫君も神奈川県桂北小学校の校長先生で会ったことを新聞の訃報で初めて

知りました。夫君とは上野原市教育委員会委員長の時、諸会合でお目にかかってもいました。

今晩夕方の通夜に列席する予定です。今年はその他にも、かつて島田コミュニティセンター建

築委員会で私は庶務会計をしたときの委員長(76歳、その直前は島田地区区長会の同じメン

バーでした)の訃報を聞き、またいつも老人クラブ島田桂生会の理事会や旅行で一緒だった女

性(92歳)の葬儀にも立ち会いましたが、古今集の「つひに行く道とはかねて聞きしかど昨

日今日とは思はざりしを」という在原業平の辞世の句を思い出しています。


          *****

http://mitachi.life.coocan.jp

 
 

***  玄関に飾っていた大時計の修理が終わったようです

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 9月19日(火)09時23分18秒
編集済
            *****  *****

 昨年、近所の時代家具販売店「我楽多屋」で1万円で大時計を買いましたが、どうしても

動かないので、市内の時計屋に預けて修理を依頼したところ、時計職人が「めずらしい」と

やる気になりましたが「修理費は4万円」というので躊躇しました。せっかくなので修理を

頼んでいたところ、修理は終わったというので今日の午後、確認に行きます。

 9月16日(土)はパソコン美術家の女性から電話があり、市内の文芸協会の会長さんか

ら井本さんに相談しなさいと言われて「りんどうの里美術展」に作品を出展したものかどう

かを聞かれました。いろいろややこしい事情があるようですが、パソコンが壊れたというの

は単なる言い訳のようでしたので、私には中古のパソコン2台が遊んでいるから提供するこ

とにして、「とにかくこの秋の出品はお休みにしたらどうですか」と提案しました。以前、

私が民生委員した時いろいろ協力してあげた女性です。

 また昨日は珍しく新宿区高田馬場の姉と北区中十条の妹と電話で話しました。ひところ悩

みが多く相談に乗っていた妹の悩みを、姉がようやく知ったらしいようです。姉もひところ

は双子の兄との井本商店問題で悩んでいましたが、その後はすっかり落ち着いて、三鷹の弟

を誘ってはあちらこちらドライブを楽しんでいたようです。弟もその前は自分の息子のこと

でしきりに上野原の我が家に来ていましたが、そちらもこのごろは平穏無事で私は暇になっ

ていました。要するに「困った時は私のところに来て、問題が解消すると来なくなる」とい

う教員時代の生徒と同じパターンです。大月新生教会でも同様で、今年の前半はいろいろに

ぎやかだった客員、求道者3名も夏以降、ばったり来なくなりました。多分、心配ごとが無

くなったからでしょう。嬉しいような寂しいような思いです。

 9月17日(日)大月新生教会の礼拝は市内のどんぐり牧場関係者7人がみなイベントで

欠席でしたが、八王子の老人ホームから90代の男性が久しぶりに出席してくれました。ま

た、毎週日曜夕方に礼拝堂をリハビリのミーティング会場に提供している甲斐大月グループ

の石和の男性も久しぶりで礼拝に出席してくれました。

 礼拝後は山梨八代教会の牧師就任式に出かけました。上野原からなら教会は中央道高速バ

ス八代バス停近くなので便利なのですが、大月の真木バス停は降車のみで乗車できないので

JR大月駅から井沢駅まで行き、駅前からタクシーに乗りました。日頃の礼拝出席者は10

名ほどの教会ですが、会場は50名ほどで満席となりました。司式者は東海教区総会議長に

なったばかりの沼津教会の宮本義弘牧師でしたが、初めて来るので、念のため数日前にわざ

わざ下見をしたそうです。台風も近づいているとのことで就任式後はあわただしく記念撮影

をして解散となりました。帰りは大月に住む先輩牧師の車に同乗して大月駅前でおろしても

らいました。80歳を過ぎた牧師は分区の役職を降りたせいか元気がありませんでした。

 9月18日(月)朝起きて田圃を見たところ、大雨を心配していた台風18号が大風で稲

をなぎ倒して大半倒れていました。そろそろ田圃の注水を止める時期でしたので実害は出な

いとは思います。稲刈りは予定通り10月8日(日)午後に実施するつもりです。

 それでは台風一過の秋晴れの上野原からの報告を終わります。今日も一日、皆さんの上に

主イエス・キリストの恵みが豊かにありますように祈ります。

          *****


 
 

***  今年2度目の白樺湖池の平ホテル

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 9月15日(金)06時38分37秒
編集済
      *****  *****

 全国の皆さん、お早うございます。上野原は曇り空の朝です。今日の予定は夕方、甲府の

山梨ダルク支援会の運営委員会に出席します。それまでは日曜日の説教の準備で、ヘブライ

語旧約聖書「詩編」第107編をせっせと調べます。以前の私の語学力では毎回、辞書を引

き引き数節を調べる程度のスピードでしたが、先月と今月は毎週30~50節がノルマでし

たので必死に取り組んだせいかスピードアップしました。来週からはほとんど毎週10節程

度ですので楽になります。

 9月1日(金)午後は、台風18号が近づいているとのことで、畑の草刈りをしながら大

雨対策をいろいろしましたが、強風対策を忘れたので、稲は大分倒れてしまいました。

 9月3日(日)は大月商工会館で、官庁がレンタルしていたパソコンの「リユース」つま

り再利用機種の販売があり、修理もするというので、5年前に液晶が故障して使えなくなっ

ていたソニーのノートパソコンVaioを持ち込んで依頼しました。午前11時からオープン

していたので、1時過ぎに行ったころには3万円台機種はすでに売り切れ、高級機種の6万

円のDELLを買いました。

 9月6日(水)午前中、数か月音信がなかった自然学園高校の西條校長から電話があり、

音楽教師を探しているとのことでした。大月福音キリスト教会の塚田姉との連絡を頼まれま

した。ちょうどタイミングよく、上野原ラブリ通信第800号で報告しましたように、8月

26日(土)に「ピザ・パーティとウクレレ教室」で彼女と会っていたので紹介しましたが

結局、彼女は音楽教室で忙しいとのことで話はまとまらなかったようです。この日の午後は

大月市猿橋の平田宅家庭集会で、旧約聖書レビ記6~9章を輪読しました。この集会は珍し

く旧約聖書を全巻通読したいという平田姉の奇特な熱意で創世記、出エジプト記と猛スピー

ド読破してきてレビ記に入りました。

 9月7日(木)は新しい冷蔵庫が我が家に届きました。上野原に来て15年になるので、

これで2回目の買い替えです。午後からは7~8月の夏休みを終えた大月新生教会の習字教

室が再開され、妻はいそいそと出かけました。参加者は70~80代なので毎週は無理があ

るようですが、先生(妻)はやる気満々です。

 9月8日(金)は集団検診なので、朝8時に電動自転車で健康保険センターに向かいまし

た。後期高齢者なので昨年から無料になりましたが、その代わり超音波検査やバリウム検査

もなくなり30分で終わってしまいました。

 9月10日(日)はおおつきから帰ってから草ぼうぼうの元ネギ畑の半分を急いで耕作し

て、集団検診のついでに農協センターで買っておいたレタス、キャベツなどの苗20本を植

えました。翌日から一泊二日の東海教区(長野、山梨、静岡)伝道協議会で白樺湖池の平ホ

テルへ行くので急ぎましたが、帰ってから畑を見回ると半分はしおれていました。苗を買っ

て2日が過ぎ防鳥ネットをかぶせてから更に2日も経っていたのが良くなかったようです。

 9月11日(月)から白樺湖の伝道協議会に出席しましたが、同乗予定の教会役員の都合

で、電車バスで一人で行くことになりました。朝10時のJRで茅野に向かいましたが、途

中、塩山、大月、甲府などで何度も待ち合わせ時間があり、たっぷり3時間かかりました。

茅野駅前で昼食をとり、路線バスで1時間かけてやっと白樺湖の池の平ホテルに到着しまし

た。2時からの開会礼拝に45分遅刻しました。その前のバスに乗るには朝7時前に上野原

を出なければなりませんし、会場には3時間も前に着いてしまうので、遅れて参加すること

にしたものです。

 伝道協議会には牧師20名、信徒60名の合計80名ほどが参加しました。主題講演はあ

まり面白くありませんでしたが、閉会礼拝で東海教区総会議長の12年前の西伊豆伝道集会

の失敗談が良かったと思います。地元からの参加者はゼロだったそうです。

 私が出席した理由は、初日の夜のプログラム終了後の第2回農村伝道専門委員会に出るた

めでした。プログラム終了後の夜9時からロビーで委員会をしているうちに、いつのまにか

荷物を置いている会議場がロックされたので、警備員が来るまで大分待たされました。翌朝

の朝食はバイキングで、同じ山梨分区の日下部教会の牧師と女性信徒ふたりと一緒に食事を

したのは楽しいものでした。彼女たちは皿二つに山盛りのごちそうでしたが、私はいつもの

ように御飯とみそ汁と野菜程度だっので、びつくりしていました。そのせいか、彼女たちか

ら貧乏な大月新生教会(あるいは貧乏な牧師)に同乗してか多額の献金をもらってしまいま

した。

 帰りは同じ教会の役員の車に同乗することになり、ホテルでゆっくり昼食をとった後、途

中の笛吹市のくろがね屋に立ち寄り、壊れた礼拝堂の司式台を修理する金具を買って帰りま

した。どんぐり牧場の経営者である彼は数年前から地元の高い評価を受け、大月市内のいろ

いろな理事会などで活躍していることを知りました。

 それでは、今日はこの辺で失礼します。今日も一日、皆さんの上に主イエス・キリストの

恵みが豊かにありますように祈ります。

       *****
 

*** 朝の聖書研究(文語訳サムエル後書)

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 9月 7日(木)09時38分42秒
編集済
             *****  *****

 全国の皆さんお早うございます。上野原は曇り空です。以前から私は朝早めに起きると

聖書を読んでいます。15年前、定年退職して上野原に来た時に初めて総皮特製の文語訳

聖書を買い、それを読んでいます。それまでの23年間は聖書科教師でしたので、一番安

い紙装の聖書を買ってせっせと読んでいました。その都度、線を引いたり書き込みをした

りしていたので、数年経つと気分一新のために新しい聖書に買い替えていましたから、書

き込みだらけの使い古した聖書は何冊もあります。そして2002年3月の退職後は、今

後それほど読まないだろうと、初めて高価な総皮特製の聖書を買ったわけです。その際、

現在、多くの教会で使用されている新共同訳聖書(1987年発行)にしようか、その前

に長らく用いていた口語訳聖書(1954年発行)にしようかと迷いましたが、結局、悩

み多き若い日に親しんだ文語訳聖書(1887年、明治20発行)を買うことにしました。

そして旧約聖書の初めの創世記から読み始め、新約聖書の終りのヨハネの黙示録までをく

り返し通読してきて16年目の今年は8回目です。

 ところが今朝、サムエル後書12章を読んでいたところ、恐ろしい場面が気になりまし

た。それは今から3000年ほど昔のパレスチナ地方で、古代イスラエル王国第2代の国

王ダビデが隣りのアンモン王を攻め滅ぼした時の残虐な記述(サムエル後書12章31節)

です。こう書かれていました。

「かくてダビデ其中の民を将軍(ひ)きいだして、これを鋸(のこぎり)と鉄の千歯と鉄

の斧にて斬り、また瓦陶(かわらやきがま)の中を通行(とほら)しめたり。」

 なにしろ古代のことですから、現代とは異なり多少の残酷なことはあったでしょうが、

念のため他の翻訳を参照してみました。ところが他の聖書では文語訳聖書と全く異なって

いました。単なる捕虜の強制労働の姿として翻訳されていたからです。

「ダビデはそこにいた人々を引き出し、のこぎり、鉄のつるはし、鉄の斧を持たせて働か

せ、れんが作りをさせた。」新共同訳聖書

 文語訳聖書は1880年(明治13年)発行のイギリス人ブリッジマン・カルバートソ

ンの訓点聖書(口語である中国語ではなく文語である漢文の聖書)の影響を受けていると

聞いているので、明治学院大学図書館のホームページを開き、「聖書和訳デジタルアーカ

イブス」にある訓点聖書と比較してみましたが、文語訳とは違っていましたし、各種の英

語聖書とも違っていました。

「また城中の人を以って之を曳き出し、鋸の下に置き、或いは禾(か)を打つ鉄のくわの

下、或いは鉄斧の下、或いは之を瓦陶の中に通行せしめたり」(訓点聖書)

And he brought forth the people who were in it, and set them to labor with saws

and ironpicks and iron axes, and made them toil at the brickkilns(れんが窯);

(RSV,1952)

 そこで改めて原本であるヘブライ語聖書(BIBLIA HEBRAICA STUTTGARTENSIA)を調べ直

訳しますと

「そこにいた民(ハーアーム)を曳き出し(ホーツィアー)そして置いた(シーム)鋸

に、そして鉄の刃物に、そして鉄の斧に、そして彼らをれんが窯(マルベイン)に(置

いた)」

 つまりこの文章は残虐行為ではなく、単なる強制労働であったことが分かります。と

ころがこの個所の後の時代の再録(並行記事)である歴代誌上20章3節のヘブライ語

原文では「置いた」(シーム)の代わりに「鋸で挽(ひ)いた」(スール)となってい

ます。そして文語訳聖書でも「これを斬れり」と訳されていますから、残虐行為として

報告されていることになります。つまり文語訳聖書のサムエル後書は、歴代誌略上の文

面に引きずられて、「鋸などで殺し、レンガ窯に追い込んだ」残虐な行為として翻訳し

たのでしょうか。ちなみに英語訳では歴代誌上も「強制労働」として訳しています。

 そもそも「鋸で挽き殺す」というヘブライ語(スール)は旧約聖書にはほとんど用い

られておらず、わずかな例も、似たような発音の他の語の誤写と考えられていますから

結論としてはサムエル記下も歴代誌上も、本来は「残虐行為」ではなく「強制労働」の

記録であったと考えられます。なかなか面白い勉強となりました。
  
 

***  神学研究会、3市ボウリング大会出席、長坂会長宅訪問と続きました

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 8月31日(木)06時48分48秒
編集済
             *****  *****

 全国の皆さん、お早うございます。今朝は涼しい曇り空の朝を迎えています。昨晩は

裏庭で何やら物音が聞こえるのでしばらく様子を見ていましたら、「ブヒーッ」という

イノシシの鳴き声がしました。柿の木の太枝を引き寄せて折り、ぎっしりなった柿の実

をコリコリと食べ続ていました。日本オオカミ協会が主張する「オオカミを日本中に放

ってイノシシやシカの仔を食べさせる」という話を思い出しました。アメリカでは数十

年前にイエローストーン国立公園近辺のエルクの駆除に成功しています。日本ではどう

でしょうか。

 8月も今日で終わりですが、今年の夏は昨年と比較して随分いろいろ出歩いたようで

す。8月28日(月)は甲府の愛宕町教会で毎開かれる神学研究会に出席しました。参

加者は5名でペリカン著「キリスト教の伝統」シリーズ第1巻の教理発展の歴史を読み

進みました。神学の研究と言うよりは牧師たちの気楽なおしゃべりの会です。私自身は

キリスト教神学の骨格である「三位一体論」を以前からかなり勉強してきました。「父

なる神、子なるキリスト、聖霊という三位を持つ唯一神」というキリスト教独自の教え

ですが近代ではあまり関心を持たれない教理です。このシリーズは全部で5巻あり、第

1巻は既に読み終わり、2回目も半分読み終わりました。

 8月29日(火)は毎年都留ファミリ―ボールで開催される上野原市、大月市、都留

市老人クラブ合同の高齢者健康増進プログラムです。上野原市からは20名ほどがマイ

クロバスに乗り合わせて参加しました。島田桂生会のエースである湖南団地の楢山兄は

不調でしたが、南区の加藤兄と田の入りの山口兄が2位3位に入賞しました。これまで

は地元の都留市に上位を独占されていましたが、昨年同様このところは上野原は健闘し

ています。また今年も以前の俳句仲間の尾形姉が八ツ沢から参加していました。彼女も

69歳となりました。島田桂生会の仲間たちは体力が落ちたのかスコアはふるわず、か

えって私の方が案外好調で、2ゲーム目は135ピンと史上第2位の記録が出ました。

いつもは各ゲーム100ピンになるかならないかで、昨年などは全体の最下位でした。

往きのバス内では秋山の女性と同席して、現在も米作りをしているとのことで、いろい

ろ教えて頂きました。ちなみにボウリング大会ではブービー賞(最下位から2番目)で

した。帰りしなバスを降りる際には私の肩をたたいて親愛の情を示してくれました。帰

りのバスで隣り合わせたのは島田地区のボウリング世話人の岡田兄でした。

 昨日8月30日(水)は午前中、ながらく上野原市老人クラブ連合の会長だった長坂

兄に呼び出されて自宅を訪問しました。彼は上野原文化協会の会長で毎年もみじホール

会議室で開催されるりんどうの里展覧会のパンフレット編集を依頼されました。これま

での編集者が病気で倒れたのでその代わりです。彼は原地区老人クラブの会長でもあり

以前、会報の編集方法を依頼されたことがあるので、私を思い出してくれたようです。

地元の人からいろいろ期待されるのは嬉しいことです。

 この日の午後は同じ団地の内田兄から電話があり、プリンターが壊れたので印刷して

くれと頼まれて、間もなく彼が来ました。彼は10年前、私が島田東区の区長だった時

の副区長のひとりで、その時はまだ40代でしたが、今では50代でした。私が70代

後半と聞いてびっくりして、自分の年を実感したようです。彼は長らく市内の工場で働

いて工場長まで務めましたが、本社に優遇されすぎて支社長にねたまれ解雇されたそう

です。その後、市内の老人介護サービス施設に転職しましたが、福祉精神に反する上司

の態度に怒り、辞職して新しい職場を探しています。ふたりでしばらく介護問題を論じ

て楽しいひと時でした。
 

***  今週は水曜に上野原の「みんなの食堂」、木曜は「島田桂生会理事会」、金曜は大月新生教会にでかけました

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 8月26日(土)06時51分30秒
編集済
        *****  *****

 このところ、ほとんど外出せず、もっぱら自宅にいましたが、久しぶりで外出が

続きました。7月から上野原キリストの教会(上野原市羽佐間)を借りて始まった

「みんなの食堂」に初めて出かけました。毎月第2・4水曜午後5時30分から開

店します。この日は3回目の開催でした。ほかの用事もあり電動自転車で1時間前

に到着したところ、数名の女性が調理の真っ最中でした。ここは8年前まで毎週日

曜日に妻と共に礼拝に出席していた教会です。礼拝堂の長机数台の上には、すでに

10皿ほどの料理が並んでいました。開店時間が来ると近所から次々と子連れの夫

婦、高齢の男性女性が入って来て三々五々食事が始まりました。種類も多く、味も

良く、量も十分のようでした。毎回20名ほどが集まるそうでした。

 8月24日(木)午後は上野原市老連の島田桂生会理事会が島田コミュニティセ

ンターで開催されました。私は会計ですので、前日買いそろえた9月の域内清掃の

ための軍手100人分とゴミ袋とジュース代ひとり150円を8地区ごとにまとめ

たものを運び、理事会用のペットボトルのお茶1ケースを買いに行きました。この

日は5月の桂生会一泊旅行「信州の旅」の会計報告を提出して承認されました。今

年はじめて黒字(2000円程度ですが)が出ました。参加者は32名でした。

 昨日は昼食後、妻と共に炎天下を大月新生教会に出かけました。毎年、教会に援

助金をくれる山梨分区教会協力委員会の「問安使」(戦前からある教会用語)二人

を教会役員と牧師の私の5人が出迎えました。貧乏教会なのでエアコンがなく、4

隅の扇風機を最強にして礼拝堂内に風を行き回らせました。問安使のひとりは婦人

牧師でもう一人は甲府市立小学校長で、どちらも温厚な方々でした。夫人役員の手

作りのカステラ(その中には私が育てた大麦の粉も入っていたようです)などを頂

きながら1時間ほど懇談の時をもちました。

 今日の昼は中央線鳥沢駅近くの大月福音キリスト教会のウクレレ・フェスタをの

ぞいてきます。数年前までは良く訪問してはチャリティーコンサートの打ち合わせ

をしたりした小さな教会です。教派は違うのですが以前から毎年12月に合同クリ

スマス・キャンドル礼拝をしています。あちらは音楽家ぞろいで多彩な演奏を聞か

せてくれますが、我々は知的障碍者も数名いるのでクリスマス・キャロルの賛美歌

合唱をしています。今日の訪問の目的は、応援のためだけでなく、超教派の山梨県

教会一致懇談会の諸集会や毎年3月の超派の世界祈祷日集会の案内のためでもあり

ます。できれば「山梨県郡内伝道協議会」を結成ができたらと願っています。

 それでは今日も暑い一日と思いますが、元気にお過ごしください。主イエス・キ

リストの恵みが皆さんの上に豊かにありますよう祈ります。

           *****

http://mitachi.life.coocan.jp

 

***  先週はとうとう日曜の大月新生教会以外、外出はしませんでした

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 8月22日(火)08時36分47秒
編集済
         *****  *****

 全国の皆さん、お早うございます。上野原は霧が晴れて、これから暑くなりそうです。

先週はずっと雨模様で涼しく、水曜には老人クラブの92歳の女性の葬儀に出席するつも

りでしたが、小雨でしたのでやめました。10数年前、教育委員会主催のふれあい教室で

一緒にグラウンド・ゴルフをしたことが始まりでした。島田野球場の外野の芝生のプレー

は気持ちが良く、それがきっかけで島田東区生き生きサロンを創設してグラウンド・ゴル

フを地域に広めました。ふれあい教室の時は女性ばかり毎月1回、10名ほどでしたが、

サロンになって男性に働きかけたところ、東区以外からも男性が集まり始め、私と交代し

た新しい世話人の活躍で、現在では毎週2回、毎回20~30人がプレーを楽しんでいま

す。昨年は上野原市内の宿敵コモアしおつチームを破って県大会(年輪ピック)に出場し

ましたが、今年は負けたようです。

 今週は時折、田圃や畑を見回った程度で家にいてせっせと手紙を出しました。5月の教

区総会で興味を持った日本オオカミ協会の活動について、その牧師から分厚い資料が届い

ていましたが、やっとその返事を書きました。近所もイノシシやハクビシンの被害が拡大

していますが、その遠因は害獣の捕食者であるオオカミが絶滅したからだとのことです。

そういえば、いつかテレビで、アメリカのイェローストーン公園にオオカミを導入して、

激増した鹿エルクの削減に成功した話を聞きました。アメリカではひところオオカミを射

殺することが流行した結果、絶滅してエルクによる作物被害がひどくなりオオカミを導入

したそうです。すべてはフランスのペロー童話「赤ベレー物語」から始まってグリム童話

の「赤ずきんちゃん」で定着した「オオカミ悪役説」の神話によるもののようです。さて、

日本ではどのような導入方法があるのでしょうか。

 そのほか出した手紙と言えば、7月の市川教会牧師就任式の帰り、身延線で甲府まで行

く間、山梨教会の方と色々話すことが出来ましたが、その礼状に短歌がそえてあったので

私も自作漢詩をそえて手紙を出しました。

 「もうすでに 塔にはあらず 傾いて 山のようなる 石のかたまり」

   ブリューゲルの「バベルの塔」の絵を上野の美術館でみた感想だそうです。

 「黙然たる子弟は鶏声を競(おそ)れ、寂寂たる閑人は明月を憎む。

  酒を携へし村童は影を落として過ぎ、此の時、寒子、誰が家に登る。」

   ヨハネによる福音書にある過ぎ越しの祭の一場面です。

 私が失業して路頭に迷ったとき、助けの手を伸べて下さった神学校教授の未亡人や八王

子のロゴス教会で再会した学者夫妻へも残暑見舞いと近況報告をしました。

 今週は市内の「みんなの食堂」、老人クラブの理事会、山梨分区の大月新生教会問安使

の出迎え、大月福音キリスト教会のウクレレ・フェスタなどに外出することになりそうで

す。酷暑も峠を越しました。皆さん、元気でお過ごしください。主イエス・キリストの恵

みが豊かにありますように祈ります。

      *****
 

***  家族8人が鎌倉に集合して8月生まれの誕生会をしました

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 8月14日(月)09時30分13秒
編集済
        *****  *****

 全国の皆さん、お早うございます。上野原は雨の朝を迎えています。昨日は大月新生教会

の礼拝に14人も出席しました。レギュラーの出席者は8名でしたが、時々出席する2名に

加えて、初めての出席者が4名もいたのには驚きました。市内に住む山梨英和中学校1年生

が母親と一緒でした。通学1時間の距離にある大月・上野原近辺には山梨英和の中高生が3

名でしたが、これで4名になりました。高校3年生も半年ぶりでの出席で、中学1年生の世

話をしてくれました。都留市に住む富士吉田カトリック教会の男性も「暑いので近くの教会

に出ようと思いました」とのことでした。もう一人は時々出席する大月市立病院の医師が東

京の小石川白山教会の夫人を同伴しました。慣れているせいか、私の説教をたいへん楽しそ

うに聞いていました。

 先週8月11~12日(金~土)は妻と共に鎌倉の次女宅の8月誕生会(私を含む3人)

でにぎやかなひと時を過ごしました。次女夫婦は鎌倉駅近くの小町通りで小さなお土産屋を

開いています。長らく露店でしたが、一昨年、間口1間の小さな店を借りることができまし

た。娘は地元の人々に可愛がられ、普通では考えられない厚遇を受けています。金曜は午後

4時集合ということでしたが、上野原駅周辺には翌日までの駐車場所がないので、いったん

大月新生教会まで車で出かけ、教会の庭に車を置いて、大月駅午後1時15分発の電車で東

京駅に出て横須賀線に乗り替えました。東京駅構内にには面白グッズのお土産屋があったの

で、8月生まれの次女に花札のサイコロとか動物の紙風船やクラフト工芸品などを買い込み

ました。後でみんなに面白がられました。

 鎌倉駅からは江ノ電で長谷におりましたが、道を間違えてしばらくうろうろしました。到

着したのは1時間遅れの午後5時で、茅ヶ崎の長女一家3人と足立区に独り住まいする息子

がもう到着していて、夕食の手巻きずしの酢飯を作っていました。小学校6年生の孫娘は8

月9日(水)の広島原爆記念日の式典に茅ヶ崎市立小学校代表16人の一人として参列した

そうです。孫娘の平和ポスターが最優秀賞になったからです。私は子供のころ美術だけはダ

メだったので、妻の遺伝子が伝わったようです。

 誕生パーティの準備が早めに終わったので、子どもたちは近くの海岸に出て海を眺めに出

かけました。料理が得意の次女がいろいろ御馳走を用意してくれましたが、やはり8月生ま

れの孫娘は大きなバースデーケーキを作ってくれました。夜10時ころ、長女一家は次の日

は河口湖の夫の実家に行くので茅ヶ崎に帰りました。明け方早く起きてみると、狭いリビン

グに長男と次女夫妻の3人が雑魚寝していました。何とも平和な風景でした。

 9時ころ我々と長男は小雨の中、次女夫妻の家を出て江ノ電で藤沢駅に向かい、そこで息

子と別れ、小田急で町田駅を経由して八王子そしてJRで大月駅に行き、大月新生教会に停

めておいた車で午後2時30分ころ上野原の自宅に戻りました。

         *****
 

***  酷暑の中、中央道高速バスで八代に行ってきました

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 8月10日(木)07時57分28秒
        *****  *****

 全国の皆さん、お早うございます。今朝の上野原はどんよりと厚い雲に覆われて

います。昨日は山梨八代教会の老牧師を訪問して夕方7時に帰宅してから、山梨郡

内ジャーナル第797号を編集して夜10時に何とか発信しました。やっとひとい

きついてテレビを見ているうちに午前0時となり、今朝は寝坊してしまいました。



 

***  とうとう田んぼの稲の穂が出始めました

 投稿者:井本克二  投稿日:2017年 8月 9日(水)09時12分53秒
編集済
              *****  *****

 全国の皆さん、お早うございます。上野原は再び酷暑にもどり、午後には気温は

36度にもなるそうです。台風5号が接近して一昨日8月7日(月)は大雨となり

ましたが、短時間だったので田圃があふれるほどの水とはなりませんでした。強風

は吹かなかったので畑は無事でした。

 昨日午後、田圃を見回ったところ何本か稲の穂が出始めていました。待望の「出

穂」しゅっすいです。2014年(8月4日)、2015年(8月6日)、201

6年(8月10日)でしたから、田植えが一番早かった(6月4日)割には平年並

みです。2014年と2015年の田植えは6月7日、2016年は6月12日で

した。これからは田んぼを防鳥ネットで覆わなければなりません。テラスの支柱と

借り物の稲架架けの鉄パイプでうまく張れそうです。

 今日の午後は山梨八代教会の老牧師宅を訪問します。プリンターが不調とのこと

で往診するわけですが、7月21日(金)に訪問した東京の東調布教会の老牧師と

は同じホーリネスの群れの神学校の校長先生と神学校の同窓会長という間柄です。

おふたりと私とは全く別々の個人的な関係で知り合いましたが不思議な関係です。

山梨八代教会は中央道高速バスで上野原から八代まで直通で便利です。ただ、運

行間隔が長く、往きは午後1時18分八代着のバスですが帰りは4時57分八代

発のバスになりますので、3時間以上の長時間にわたる牧師宅滞在となりますが

どちらも暇人ですから時間は気になりません。

 それでは熱い今日も一日、皆さんの上に主イエス・キリストの恵みが豊かにあ

りますよう祈ります。

           *****
 

レンタル掲示板
/15