teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


藤岡 弘さんへ

 投稿者:侍魂メール  投稿日:2009年 5月 7日(木)14時23分41秒
  今日の花山大吉でトンファーを使う、「はやと」にも出演された宍戸大全さんが出ていました、あの当時必ず剣だけではなく空手の武器「トンファー」、「サイ」等を用いた時代劇色の濃いドラマが多かったです、今の若者にトンファーと言ったところでそれがどのような武器なのか知っているものはほとんどいないでしょう、60年代は本当に時代劇の黄金時代でした、70年代には言ってからは藤枝梅安をきっかけとする必殺シリーズが出てきて本来の時代劇の良さをあらわす番組がだんだんと薄くなってきました、大江戸操作網も時代劇の皮をかぶった一種の刑事ものともいうべき単調な時代劇のよさをあまり引き出していないものが多くなってきました、私が小学校1年のとき見た「日本剣豪列伝」などは本当に素晴らしく日本の心を反映した貴重なものがありました、所謂東洋固有の「勘」の世界です、60年代終りの頃のアニメ「サスケ」、「カムイ外伝」などは最後の光でしょう、丁度その頃ささきいさおさんの「妖術武芸帳」や里見浩太郎さんの「はやと」が正統的な時代劇の終りを告げるものだったように思います、はやとはケーブルテレビに放映されましたが妖術武芸帳何故だか放映されていません、とてもくやしい思いでいっぱいです。

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 
 

藤岡 弘さんへ

 投稿者:侍魂メール  投稿日:2009年 5月 7日(木)14時23分26秒
  今日の花山大吉でトンファーを使う、「はやと」にも出演された宍戸大全さんが出ていました、あの当時必ず剣だけではなく空手の武器「トンファー」、「サイ」等を用いた時代劇色の濃いドラマが多かったです、今の若者にトンファーと言ったところでそれがどのような武器なのか知っているものはほとんどいないでしょう、60年代は本当に時代劇の黄金時代でした、70年代には言ってからは藤枝梅安をきっかけとする必殺シリーズが出てきて本来の時代劇の良さをあらわす番組がだんだんと薄くなってきました、大江戸操作網も時代劇の皮をかぶった一種の刑事ものともいうべき単調な時代劇のよさをあまり引き出していないものが多くなってきました、私が小学校1年のとき見た「日本剣豪列伝」などは本当に素晴らしく日本の心を反映した貴重なものがありました、所謂東洋固有の「勘」の世界です、60年代終りの頃のアニメ「サスケ」、「カムイ外伝」などは最後の光でしょう、丁度その頃ささきいさおさんの「妖術武芸帳」や里見浩太郎さんの「はやと」が正統的な時代劇の終りを告げるものだったように思います、はやとはケーブルテレビに放映されましたが妖術武芸帳何故だか放映されていません、とてもくやしい思いでいっぱいです。

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 

藤岡 弘さんへ

 投稿者:侍魂メール  投稿日:2009年 4月11日(土)11時26分24秒
  今月中旬に発売という貴下の「武士道入門」を必ず購入します、今の若者に昔の古典「葉隠」を読んだものはほとんどいないでしょう、確か私が学生の頃に角川文庫から出版されていたと思います、勿論私は夢中になって読みました、キーワードは「武士道とは死ぬことと見つけたり」です、一方貴下が言われたとおり兵法の極意は「36計逃げるにしかず」です、貴下の本で少しでも日本の文化に目を向ける若者が増えることを願います。

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 

藤岡 弘さんへ

 投稿者:侍魂メール  投稿日:2009年 3月28日(土)16時30分22秒
  この間ラジオで貴下の談話を聞きました、やはり貴下は「男!!」ですっ!!武士道入門なる本4月中旬に発売予定とのことですが多分私は絶対に購買しますっ!!これからも若者達に活を入れてくださいっ!!

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 

藤岡 弘さんへ

 投稿者:侍魂メール  投稿日:2009年 3月19日(木)14時03分10秒
  今日の花山大吉で「侍」で小柳千十郎の役であった入川保則さんが1人2役で出ていたのが印象的でした、丁度あの少し前「侍」が放映されていたはずです、私は何としても60年代の時代劇を全部みたいです、私にも藤岡さん同様侍の魂があるからです。

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 

藤岡 弘さんへ

 投稿者:侍魂メール  投稿日:2009年 3月 2日(月)14時04分5秒
  今日の花山大吉に仮面の忍者赤影の甲賀幻妖斎の役の天津敏さんや「はやと」でも同じような空手で使う「サイ」を用いる術者の役の「宍戸大全」さんがでていました、じつに私の好きな剣と剣或いは他の武器の対決で非常に面白かったです!!あのような派手な戦いは今のテレビ界ではあまりに過激でPTA等から敬遠され顰蹙を買うことでしょう、でもそれでも私はそういった武士と武士との戦いが好きなのです。

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 

藤岡 弘さんへ

 投稿者:侍魂メール  投稿日:2009年 2月24日(火)14時26分7秒
  先日NHKで貴下が出演されて30年にも及ぶ発展途上国の食物が無い人たちへボランティア活動されていた事実を大変すばらしいことだと感服しました。金持ちはもっとそういった貧しい人々へ物資を供給すべきだと思います。今は日本も欧米並みの経済成長をしてあたかも金品が先天的に与えられると思うような贅沢さを覚えてしまいました、だから若者の不祥事が絶えないのも当然です。ところで話は変わりますが、多重チャンネルで素浪人花山大吉を放映していて今日のゲストが侍に出ていた入川保則さんでした、しかし役どころは町人であの長門勇さん主演の「侍」で見せた凄腕の剣士とは違っていました、侍ではあの魔性の剣士、多分時代背景と当時の俳優陣からいってそれは石橋連司さんだと思います、との紙一重の戦いで中盤を過ぎたところが印象的です、最後は長門さんが「いやこれはわしがやる」と言ってその魔性の剣士との勝負で終わりました、何しろ私が小学校の中学年くらいの古い時代劇であったので記憶も薄れがちですがあの勝負だけは鮮明に覚えています、夢に何回もその場面を見ようとする覚えがありました、テレビ局によるとそれはJ-COMですが多分放映できないとのことでした、貴下が青年時代のことですから貴下には私より遥かに当時のことをしのんでいることと思います、とにかく60年代の時代劇やアニメは面白かったです、皆そう思っているはずです、里見浩太郎さんの「はやと」ぐらいがせいいっぱいのようです、何とかしてあの時代のテレビ番組を是非全部再現して欲しいです。

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 

藤岡 弘さんへ

 投稿者:ポッキーメール  投稿日:2009年 2月 7日(土)17時03分7秒
  超現実主義の芸術を創ったサルバドール・ダリ氏の心の核心は即ち彼の哲学は何とも規模の小さいフロイトの精神分析だったそうです、そして彼がピカソに合った時ピカソから君は私のいい友人になれると言われたそうです、つらつら考えると西洋の本質は実に単純極まりないものです、私は若い頃は西洋かぶれしていましたが今の年になって西洋人の限界とあらがみえてきました、人間の位置づけはそのフロイト流に考えると「性」と如何に向き合うかで決まると感じました、だからこそ芸能界でも必ず婚約のニュースは離婚と同じく大々的に報じられます、結局この世には男と女しかいないのですからそれは当然です、貴下もバツイチだということは何年か前に知りました、私は交わりは絶対にしないと自分に命令しました、インターコース等たかが知れています、その弱点に付け込んで世の中は悪に染まり事件が絶えません、80年代終わり頃時代劇で「切り捨て御免」という中村吉衛門さんのドラマがありました、あれは見事にこの世の構造を知らしめた傑作だと思います。

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 

藤岡 弘さんへ

 投稿者:ポッキーメール  投稿日:2009年 2月 6日(金)14時09分37秒
  貴下の言葉「俺は食べ物を粗末に出来ない・・・食べ物を粗末にするな」を私も同感です、更に私は「一般にものを粗末にするな!!」と敷衍したいと思います、高度経済成長の日本において特に今の若者はあまりにも態度が悪すぎます!!ものや食べ物をなんとも思っていない、当たり前のようにそれらが与えられるといった具合です、そんな若者達が将来の日本を牛耳っていくと思うと反吐が出ます!!とにかく乱れた世の中です、精神文化を今こそたたき直す時期ではないでしょうか。

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 

藤岡 弘さんへ

 投稿者:ポッキーメール  投稿日:2009年 1月 4日(日)13時15分11秒
  2007、2008と立て続けにケーブルテレビで放映された栗塚旭さんの用心棒シリーズは本当に面白かったです、貴下も多分青春時代ご覧になられたことでしょう、日本の魂がそこには残っていました、原作、脚本を書かれた結束信二さんは天才だと思います、このシリーズは最後に燃えよ剣で一応終わりました、残念なことです、戦中派の方々が亡くなられると私は不安になります、戦争という恐ろしい体験をされた方々はどんなに戦争が馬鹿馬鹿しいかまた恐ろしいものかを身にしみて感じていると思います、今の軽薄な若者の犯す犯罪を見ていますとそのことが良くわかります。

http://www8.ocn.ne.jp/~med7788/

 

レンタル掲示板
/10