teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/510 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 宮城の銭湯(その4 若柳町 千代の湯)

 投稿者:ナカムラ  投稿日:2017年 8月13日(日)09時33分5秒
  通報 返信・引用
  > No.1173[元記事へ]

るびーさんへのお返事です。

いつも貴重な銭湯の写真を見せていただいて有り難うございます。

> 私が最も心配していることです。杞憂なら良いのですが。
ホームページビルダーも相変わらず供給されているようなので当面は改変も可能なので、今はそのようなことは考えておりません。今は地方の銭湯の情報すら美しい写真付でツイッターやインスタグラムに流れてきて、本当に時代は変ったなぁと思っていますが、細々と続けていこうと思っています。

>岩瀬省治さんのサイト
そういったサイトがあったんですか。知りませんでした。拙サイトの膨大な情報も本ではどうにもならない類ですね。まっちゃんは、銭湯以外も刊行準備中とのことで、小生も食堂シリーズ(?)を期待しています。もう手許にありませんが、昔、”駅前食堂”のムック本がありましたね。しかし、駅前食堂も急速に減っている印象ですね。

先週、上信電鉄の乗り鉄がてら、下仁田、上州富岡(大正湯)に行ったのですが、ともにいい駅前食堂が残っていました。富岡駅前の「川崎屋食堂」で卵とじでもソースでもないカツ丼を食べたのですが、建物も含め、味、大将、女将さん、建物(外観)とも素晴らしい駅前食堂でした。

その日は、下仁田の赤線跡、富岡製糸場を駆け足で見て、富岡の大正湯に入って、川崎屋食堂で一杯というコースでした。

上信電鉄は初めてだったのですが、信州に抜けられなかった歴史、木造駅舎の数々、千平下仁田間の渓谷美など、なかなか楽しいローカル線でした。朝、10:00少し前に高崎駅に着いたのですが、丁度みなかみ号の運行日で、発車時の長い汽笛が聞こえてきました。SLには関わりのない世代ですが、いいものですね。郷愁を掻立てられます。

軽便鉄道も郷愁に満ちていていいですね。しかし、現役の軽便鉄道には西武のユネスコ村近くを走っていた線くらいでほとんど接したことがありません。写真集や廃線跡の本で見るくらいです。経済的に成り立たなくなると一気になくなります。その速度は銭湯以上ですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/510 《前のページ | 次のページ》
/510