teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
  2. 2010ワールドカップ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


石油の値段

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 8月10日(日)08時41分31秒
    ガソリン価格の高騰が続いている。毎月の値上がりで消費する側の心理は、どこまで上がるのか分からない。まだまだ上がるだろうである。実際に市場価格の高騰や高止まりを言う人は多いが、下がると言う人は殆どいない。皆が上がる上がるという相場はピークを迎える。
 かつてニュヨーク市場が好調に沸くとき、ケネディは路上で靴磨きの少年に靴を磨いてもらっていた。すると少年が「今日はOO株が上がるよ。昨日も上がったから」と話した。これを聞いてケネディは全ての持ち株を売却した。売却の理由は、世の中のすべての人が上がると思っているし、靴磨きの少年までアナリストになっていたからだ。しばらくしてニュヨーク市場は大暴落をするのである。
 話はガソリン価格に戻るが、1Lあたり170円を超えた時に、石油元売り各社の販売数量は7~8%減ってしまった。今は180円を超えているので需要はもっと減っているだろう。この流れは多かれ少なかれ日本だけではないだろう。仮に8%需要が減った場合に在庫が増える事になる。だぶつけば価格は下がる。楽観的(新興国の需要増を入れない)な見通しではあるが、相場の流れから可能性はあると思う。半年位先に結果がでるか。
 
 

大証1部(6141)森精機製作所

 投稿者:裏銘柄  投稿日:2008年 8月 6日(水)13時06分43秒
  大証1部(6141)森精機製作所


株価 指標 PER PBR 配当利回
1,400円 (8/5安値) 8.41 1.03 3.57%

安い所を現物で。
 

テンプルトン

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 7月25日(金)13時18分42秒
  「強気相場は絶望の中で芽生え、懐疑のなかで育ち、楽観のなかで成熟し、幸福の中で消えていく」有名な言葉だ。1939年第二次大戦のために沈滞していた下げ相場の中で1ドル以下になっていた104銘柄を100株づつ購入した。その内の4社は紙切れとなったが、残りはその後に高騰し巨万の富を得る。その資金を基に設立されのがテンプルトンファンドであった。
テンプルトン氏は先ごろ亡くなったようだ。95歳の人生であった。
 

越後屋誕生

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 7月17日(木)12時34分18秒
  延宝元年(1673年)8月、江戸本町1丁目に越後屋(後の三越)が誕生した。
本町は、当時の江戸商業の中心地であった。1丁目から8丁目にかけて大店な軒をならべていた。
間口一間半、奥行き十一間、手代数人、子ども2人、下男2人というささやかな呉服店、これが三越の前身であった。
「現銀掛け値なし」今では現金での売買は当たり前になっているが、当時としては冒険であった。(現代でも値切って買う国もある)

しかし、江戸を大火が襲う。

だが、越後屋が大きくなったのは、上記の商売方法だけではなく、江戸の大火であった。
火事こそ最大の消費でもあった・・・
 

taspo(タスポ)と株価

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 6月26日(木)18時15分38秒
  未成年者の喫煙防止が目的で、全国のたばこ自動販売機に成人識別ICカード「taspo(タスポ)」が段階的に導入されている。 08年3月から8月までに順次、全国のたばこ自動販売機で導入予定で、「taspo(タスポ)」がなければ自販機でたばこを購入できなくなる。
もちろん、「taspo(タスポ)」を作らない人もいる。その人たちはコンビニでたばこを買うだろう。たばこのついでに何かを買うのか?コンビニの月次売上が伸びてきている。値上げが難しい昨今ではあるが、意外に値上げがしやすい業種でもある。価格よりも利便性が重視されているからだ。
全体の株価低迷の中で、コンビニの株価は上がっている。
 

(6141)森精機製作所

 投稿者:裏銘柄  投稿日:2008年 6月25日(水)12時35分26秒
  (6141)森精機製作所

@1850

PER11.11

PBR1.36

配当利回り 2.7%
 

(9650)テクモ

 投稿者:裏銘柄  投稿日:2008年 6月18日(水)16時01分45秒
  (9650)テクモ

安いところを現物で♪

現物沈潜120万株目標
 

ドル防衛

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 6月17日(火)21時46分50秒
  ドルが反発してきている。現時点は1ドル=108円19銭。現在の輸出企業の殆どは1ドル=100円で今期業績予想を出しているので、円安は業績の上方修正を呼ぶだろう。
サブプライム問題後にアメリカは金利の引き下げや、減税を行った。景気を支える事は出来ても、インフレとドル安が加速する。これらは同じ方向には動かないので、何れはインフレとドル安対策に政策転換をしなければならない。
何処かで発表されると思ってはいたが、意外に早く出された。注目されるのはバーナンキFRB議長だけでなく、米大統領もドル防衛を言った事だ。中東を歴訪した後だけに、向こうで何か取り決めがあったのか?米国は原油価格を抑えたいはずである。それにはドルが安定していなければならない。中東の次はヨーロッパであろう。今、新興国を中心に世界の殆どは金融を引き締め方向に動いている。ドルとユーロのバランスはヨーロッパのインフレに影響する。先週末のG8に目が向けられた。ヨーロッパと上手く妥協できた?ので、今週の株価は強いだろう。ただし、7月の上旬までであろう。7/17にはメリルリンチ、7/18にはシティの決算が予定されている。(レベル3資産が問題視されるかも)
 

(無題)

 投稿者:裏銘柄  投稿日:2008年 6月10日(火)14時31分30秒
  (6755)富士通ゼネラル

欧州でのエアコン販売好調
 

今日のマーケットイレブンの水曜ナビから

 投稿者:どん研究所  投稿日:2008年 6月 4日(水)23時04分55秒
  1.今日の相場も、欧州系2社、カリヨンとクレディスイスの先物主導の様相。
2.最近、現物も欧州系の投資家が主体。
3.アメリカ系の投資家は、先物を大きく売り越している。
4.これがわかっているので、その買戻し期待で欧州系が動いているのでは?
5.個人投資家も参加してきているが、短期で動いているのがわかる。
6.今後、欧州系の買いが続くかどうかは、疑問もある。
7.カギは、アメリカ経済の動向。とくに、金利上昇は、懸念材料。

特に注目すべき点は、3と4
(グラフは http://air.ap.teacup.com/donmain/ を見てください)
 

ノンリコースローン(責任財産限定型ローン)

 投稿者:どん研究所  投稿日:2008年 5月30日(金)07時03分38秒
  返済の原資とする財産の範囲に限定を加えた貸付方法。
借り手は債権全額の返済責任を負わない。米の住宅ロ
ーンはこのタイプらしい。とすると...
 借り手は、住宅を手放してしまえば全額の返済はし
なくてもいいから、仕事さえあれば、立ち直りは早い。
そこで注意すべき経済指標は「雇用統計」だと思う。

貸し手側はどうか。担保不足の発生と担保物権の価格
の下落が問題となり、これが算定できなかったため、
かって経験したことのないような信用不安が発生した。
計算したら膨大な損失の発生し、破綻も発生。しかし、
この損失は、処理したときの時価によっているので、
住宅価格が下落すれば、さらなる拡大が予想される。

昨日5/29のモーニングサテライトでは、落ち着くには、
今より10%程度の下落が必要と報告していた。そのメ
ドがつくと、下落前に株価は回復するだろうとも..。
 

ブラジルの株価

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 5月26日(月)05時49分31秒
  鉄鉱石、原油、大豆やその他の農産品価格の歴史的な水準への上昇により、ブラジルの市場はサブプライムショックをクリアして新高値になってきている。
欧米の主要市場や中国、インドなどの新興市場がもたついていることを考えると、かなり好調といえる。
ブラジル通貨のレアルも上昇して来ているので、昨年からブラジルに投資している人はかなりのリターンが出ているだろう。
注意するとすれば、もし商品価格の下落が起こったら影響を大きく受けやすい点だろうか。
 

政府

 投稿者:バカラス  投稿日:2008年 5月23日(金)17時53分45秒
  によって災害時の対応が違い過ぎますね。
被災者第一で考えてほしいですね。
 

人的支援

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 5月16日(金)06時35分7秒
  中国は、日本政府から申し入れのあった救援要員を受け入れると表明した。
少し遅かったが、日本の支援を優先的に受け入れる。地理的な要因もあろうが、地震国日本の経験が期待されているだろう。日本は許される最大限に救援にあたるべきである。
救援要員の受け入れは国際社会との協調であり、海外に株式を公開している国にとっては当然の処置である。中国の生命や財産は、世界の生命・財産でもある。
 

水が足りない

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 5月15日(木)07時10分30秒
  六甲の峠を越えると異様な雰囲気であった。静かで真っ暗闇の中を下りて行く。夜が明けてくると神戸の街が浮かんできた。京都の伏見から大型タンクローリー(12,000ℓ)で水を運ぶのに、このルートが選ばれた。交通停滞を避けて夜に出発し、午前中に目的地へ着く計画である。慎重に進んでいくと、やかんやポリタンクを持って水を求める行列があった。「あっ!来た来た」「やっと来てくれた」と言うお年寄りの前を通り過ぎなければならなかった。(この時が一番に辛かったと後で報告された)その先の病院でも、もう水が無くなっていたからだ。
阪神大震災での苦い経験である。
当時の日本は、スイスやフランスからの救援の申し出を直ぐに受けなかったが、中国には同じ事をして欲しくない。
 

災害との戦い

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 5月13日(火)21時03分27秒
  ミャンマーを襲った大型サイクロンに続き、中国・四川大地震と多くの人命が失われていく。被災者には緊急を要するが、はたして全ての手が打たれているだろうか?
インド洋の大津波の時は、アメリカの航空母艦が駆け付けた。艦艇には食料品や医薬品が積まれているし、医者や看護師もいる。これらを輸送する飛行機やヘリコプターもある。訓練された海兵隊が数千人は救助活動へ出動できるだろう。軍隊は敵と戦うものであるが、この場合は「災害との戦い」である。
国の指導者は、イデオロギーを越えて各国に救助要請をして欲しい。
懐の広い所を見せて欲しい。今、瓦礫の下で苦しんでいる人達の為に・・・
 

(6363)酉島製作所

 投稿者:裏銘柄  投稿日:2008年 5月 7日(水)12時00分42秒
  ■自然環境との共生に寄与するトリシマ
自然環境との共生が強く求められている今日、トリシマはCO2排出量削減につながる自然エネルギーの風力や水力、バイオマス
を利用した発電システムにも長年培ってきた技術とノウハウを基に意欲的にチャレンジしています。
●風力発電システム

1500kW 風車(北九州市 響灘地区)

40kW 風車(島根県 多伎町)
(関連リンク:手引ヶ丘公園 風の子楽習館)

●小水力発電システム

両吸込渦巻ポンプ逆転水車
インライン水車


●木質バイオマスガス発電コジェネシステム

ガス発生炉
 

怒らない日本人

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 5月 3日(土)05時38分3秒
  ガソリン価格が1ヵ月で元に戻った。戻ったと言うよりも前よりも高くなった様だ。原油価格が上がり続けているのだから高くなるのだと言うが、果たして根本的な対策を考えているのだろうか?単なる税金を付けるかどうかに明け暮れて、エネルギーを安定した価格で供給する手立てを考えているのだろうか?
対策の一つは自然エネルギーの利用であろう。今年は洞爺湖サミットも開かれる予定で日本は議長国であるが、形ばかりが進んでいないだろうか。様々な設備が作られるが、サミットが終われば取り壊されると聞くとエネルギーの無駄を感じる。CO2の削減目標を決めるのであれば、行政が率先して削減しなければならない。しかし、公共施設のスペースは広いがソーラ発電のパネルを設置している所は殆ど無い。私には行政が問題を真剣に考えているとは思えない。
だいたい、日銀の総裁・副総裁を決めるのに何日かかるのか?決めなければならないのであれば徹夜してでも決めるべきだろう。怠れば株価が下がる。日本人は何故もっと怒らないのか?
 

加権指数

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 4月26日(土)07時18分48秒
  台湾市場の加権指数は、世界の主要株式市場がいずれも軟調な展開となっていた時、比較的しっかりとした値動きであった。
3月の総統選挙で国民党の馬英九さんが圧勝した。国民党は1月に行なわれた立法院(日本の国会に相当)選挙でも圧勝を収めており、行政院(日本の内閣に相当)でも主導権を握ることとなり、日本と違う「円滑な政策の遂行」が期待される。
国民党と馬新総統は、中国との直接通航や資本受け入れの自由化促進を公約としてきた。ここで思い出すのが嘗ての香港である。中国との経済交流拡大(人・モノの交流が活発化)は台湾市場に大きなプラスとなるはずである。
 

岡山市バレーボール仲間募集探してませんか?

 投稿者:ふみメール  投稿日:2008年 4月24日(木)16時07分26秒
  岡山市でバレーボールのメンバー募集していたら仲間に入れて下さい。連絡お願いします。  

造幣局の桜

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 4月19日(土)09時07分8秒
  通り抜けで有名な大阪の造幣局。構内の旧淀川沿いの全長560mの通路を、一般花見客のために約1週間開放している。約120品種、約370本、大半は遅咲きの八重桜で今が見ごろ。
この桜、終戦後に有志によって多くが植樹(寄付)された事はあまり知られていない。当時を知る長老は「造幣局に桜を植えろと言っても動かへん。また、そんな予算もなかったわ。みんなで寄付をしょや。造幣局にはええ格好させたれや。」となったらしい。大阪人の心意気である。
当時の政府は少ない予算をやりくりして頑張っていた。造幣局があって、大阪の化学工業が発展してきた。その恩返しが桜であろうか・・・
 

(5805)昭和電線HLD

 投稿者:裏銘柄  投稿日:2008年 4月15日(火)08時42分1秒
  材料は熱を電気に変える素子。セラミックス系素子で1センチ四方のタイルとイメージすれば分かりやすく、それを工業炉や自動車エンジンに貼り付けて電気を取り出すという単純な構造。クリーンエネルギーとして熱電発電は期待されて来たものの、高温に耐え、安価で毒性のない素子は開発されていなかった。しかし、800度以上の高温に耐え、安価、無毒性の素子の開発に産業技術総合研究所(旧通産省工業技術院)が開発に成功、その量産法を確立して企業化するのが昭和電線。
 現在、最大2ワットが実現、理論的には4ワット弱が可能と世界の省エネに寄与する技術として高い期待。 @151
 

原油の値段

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 4月 6日(日)08時50分27秒
  先日、ある商社の方のお話しで、原油価格が下がらない理由が出てきました。普通の説では「中国などの消費が増えて高騰している」ですが、彼が言うには「原油在庫は増えている。原油価格が下がらないのは、産油国の殆どが原油を掘るのに多額の税金をかけているからだ。一般の商品では税金の方が少ないのだが、原油の場合は1バレルに80ドル程度も税金である。これが減るとは考えにくい」という。なるほど、どこの国でも一度手にした税収を減らす事は考えにくい。原油の値段を下げるには、やはりバイオ燃料だろうか。バイオ燃料が安価に出まわりだすと原油の値段を下げなくてはならなくなるが、それはまだ先か。今、バイオ燃料で一番優位なのはブラジルであろう。一説によるとブラジルのサトウキビは、アメリカのトウモロコシの半分のコストでエタノールが生産できるという。これで動く車にも注目したい。FLEX車である。  

30年物国債

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 3月25日(火)07時07分38秒
編集済
  アメリカの30年物国債は1977年以来、定期的に発行され、累計で約5650億ドルが市場で流通してきた。クリントン政権時代に巨額の財政赤字を削減するために発行量の削減が打ち出されたがつけは大きい。30年は長いと思っていたが、30年物国債の償還が去年から起こっている。過去ではアメリカ国債を買っていた国が、アメリカがおかしくなってきたので今度は国債を買わなくなった。それでもアメリカは国債の償還をしなければならない。また、償還された側も新たな運用先を探さなくてはならない。どちらも大変な時代に入った。  

あんたに言って欲しくない...

 投稿者:どん研究所  投稿日:2008年 3月20日(木)08時45分57秒
  グリーンスパン氏が「戦後最大の金融危機」と評価を
受けるだろうと発言。月曜夜のWBSの出席者たちは、
その危機の元を作ったのに、こんなことは言って欲し
くない...と。日銀総裁空席について、米のウオー
ルストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムス
に続き、ワシントン・ポストは19日、「国家の恥、国
際的な不安と政治的な重荷に」と指摘。

サブプライム問題で世界的な金融危機を起こしたのは、
米ではないのかい、それは「国家の恥で世界中を不安
に落とし入れた」のではないのかい。総裁空席はもち
ろんよくないが、独裁制じゃああるまいし、組織で対
応すればいいんじゃないのかい、現に最悪の結果が出
ているサブプライム問題を棚にあげて、問題が起きて
もいないことに大騒ぎすぎるな...と言いたくなる。

民主国家の範たる米。その大統領が「断固たる行動を
とる」と独裁君主が言うような発言、公的資金の投入
を示唆したと受け止められている。民衆は、そのよう
な強いリーダーを望んでいるのは事実。私自身の心理
状態も不安定なのに、民衆となると難しいのは当然..
..しかし株価は、それで大きく動く。
 

ちりとてちん

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 3月11日(火)23時07分33秒
  NHKの朝の連続テレビドラマであるが、ヒロインが小学生の頃に育ったのが小浜。
梅丈岳から皿を投げるシーンがあった。
私は小浜の人間ではないが、梅丈岳には昔から何度も登った。頂上には南に三方五湖と北には日本海が見わたせて360度の景色が楽しめる。たしかに昔から五木ひろしのふるさとが流れていたが、その後から色んなものが置かれて入山料まで取り出した。情緒が無くなったと某将棋の先生が嘆く。あの手すりに付けまくる鍵はどうもね・・・
ヒロインが子供の頃にはなかったのだがテレビに映ってしまう。だいたい、小浜から梅丈岳まではかなり距離がありレインボーラインを登らなくてはならない。不自然だ。
株でも、内容をよく知る自然エネルギー株が高騰する。これも不自然に見えるが・・・
 

聞こえない、見えない、話せないものへのアクセス

 投稿者:どん研究所  投稿日:2008年 3月 9日(日)07時47分55秒
  一昨日のモーニングサテライト..株に関係にない話
題も...ヘレン・ケラーとアン・サリヴァンの最も
古い写真を発見と米の各紙が大きく報じたらしい。

誰もが感動するのは、教師であったサリヴァンが行っ
た聴力と視力を失い、話すことさえできなくなった少
女に対するアクセスに関する努力。「奇跡の人」とい
う題名で映画化された。

人間社会では、「対話」がすべての原点だが、これがで
きない場合どうするかという大きな問題がある。

今、ねじれ国会では、与野党がお互いに「聞こえない、
見えない、話せない」状態。個人ではなく、組織だと
いうこともある。しかし、すべて「対話」から始まる
はずだが、どうしたらよいかを模索する声が聞こえて
こない。国民は、「対話」してもらうために彼らの報酬
を払っているのだ(怒)。

ケラーが最初に発した言葉は、この写真で抱いている
「DOLL=人形」だという。サリヴァンは、この言葉を
触覚だけで教えた。

いろいろ困難な局面で、この「対話」の手段を探る努力
が尽くされているのだろうか。個人の間でも、夫婦の
間でも、政党などの団体の間でも、そして、各国の間
でも。そこには、多くの人の利益や人命までもがかか
っているというのに..。
 

激流中国

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 3月 4日(火)07時56分42秒
  この番組はシリーズで作られているが、今回は「上海から先生がやってきた~貧困の村で~」とタイトルが付いている。
都会の若者が貧困を助ける支援プロジェクト。上海の名門の復旦大学に通う梁佩思さん(22)は、外資系企業からの就職の誘いを断り、貧しい農村の高校で一年間のボランティア教師となる。
出発の前に家族からパーティが開かれる。日本でも平均以上の暮しであろうか。
だが、都会暮らしの梁さんを、想像を絶する日々が待ち受けていた・・・

ここでは借金に苦しむ家族、大学に行きたい姉を、松葉杖の母を親戚に預けて炭鉱に出る決意をする弟が出てくる。(中国の炭鉱では、大勢の人が亡くなっている)
私は、番組を見ていて日本の「野麦峠」という映画をまた思い出していた。

番組は再放送される。
2008年3月4日(火) 深夜 【水曜午前】0時10分~0時59分 総合 の予定だ。
 

利回りを考える

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 3月 1日(土)19時31分38秒
  日本では個人資産の殆どが0金利の定期預金や、よく似た保険商品に預けられている。
みずほという銀行などではスーパー定期と言うものが売られている。この商品は年利回りで0.35%程度だが、何がスーパーなのか私にはよく解らない。
みずほファイナンシャルグループは、株式配当を今期1万円の予想である。配当利回りは2.24%(株価44.6万円)であるのでスーパー定期よりもかなり高い。
1年に100万円をスーパー定期では3,500円の利子しか生まないが、株式は22,400円の配当を生む。しかも、税金も前者は20%、後者は10%である。
しかし、預金者は株は値下がりするから預金の方が安全で、僅かでもお金が増えると言う。
はたして増えているのだろうか?
みずほは、預金者の金を投資へまわしている。つい最近はアメリカの危機会社に9%で貸し付けたのが報道された。デフレの下での預金は良いが、これから始まる強烈なインフレを前にこれで良いのかと思うこの頃である。
 

外資系におもちゃにされる日経平均

 投稿者:どん研究所  投稿日:2008年 2月27日(水)16時37分50秒
  今まで、インデクETFの動きやロイターのマーケッ
トアイから、それを感じ、おもちゃにされる日経平均
で儲けてやろうと、ささやかな行動をしてきた(笑)。
今朝のモーサテで、その動きが実データで裏付けられ
ていた。日経平均と先物の大口が出る欧州系の3社の
手口の比較。これを見ると、完全に相関関係がある。
(画像は、http://air.ap.teacup.com/donmain/
彼らは、暗黙の合意で日経平均に徹底的に売りを入れ
て底を確認するや、一転買いに回り今度は吊り上げよ
うとしているように見える。とくに一昨日は、このう
ち1社が、買い14600枚、売りゼロで、1社で全体の11
%の買いという記録的な取引があったらしい。
とすると、このところの上げ基調には、少し乗ってお
くのも一興かも知れない。と、昨日感じたときには、
インデクETFはかなり上がってしまっている。底値
圏の銘柄を探して、昨日の引けで、JR西日本とレオ
パレス21を買った。次の問題は、2/29のに上場するセ
ブン銀行と博展、これには、地合いのバックアップや
買いなど彼らの協力が要るのだ...(笑)。
 

プレヒアリング

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 2月23日(土)08時32分40秒
  意見が多く出てまいりました。
プレヒアリングの十分な説明・情報開示は一部を除いて行われていません。
公開企業や主幹事は、堂々と投資家に出して欲しいですね。そこから次の道が開けると思います。
それほど内容を隠さなければならない事とは思えないのですが・・・
 

うーん

 投稿者:たけ  投稿日:2008年 2月19日(火)13時24分13秒
編集済
  私の意見と「そうですね」さんの意見は対立しているわけではないので、
どう説明したらよいか難しいのですが、

「説明が必要」ということと、今回の公募割れとはほとんど関連がない、と私は
主張しているのです。つまり、説明が必要、ということ自体は、公募割れがあろうが
なかろうが常にそういうことは要求されるべきもの(ですから、その点で私は意見を
異にしていない)で、今回のように、公募割れがきっかけで展開するような
ものではないのではないか?という私の主張ですね。

それと、買う気のない機関投資家にプレヒアをさせるのが問題、と読めますが、
買う気があるからと言って、その買うつもりの個人投資家主体にプレヒアを
させて仮条件を決めることはさらに問題があると思います。
単なる企業の雰囲気やマインドだけに押し流されて、企業の適正な評価など
できない人がほとんどだからです。(だからこそめちゃくちゃな初値がついたり
するわけですから)

プレヒアを公開すべきということは、IPOの透明性に係ることですが、それを
やったからと言って、決して公募価格の妥当性を確保する(=大幅な公募割れや、
異常な初値上昇を防ぐ)ことはできない、と断言できます。ですので、それは
今回の公募割れとは別の問題だ、ということです。

>>ユビキタスの08/03予想EPSは3238円,BPSは16264円でした。
>これを同業他社と比較して妥当な仮条件を決めたはず。とおっしゃいましたが?
>私は必ずしもそうではないと思います。

私個人の考えでは、成長性や同業比較を考えても、この公募価格はむしろ割高だと
思います。たとえば、名前が「通信研究所」で100株単位でJQ上場なら、この
バリュエーションでの上場は明らかに割高だと思う人が多いと思います。
しかし、当然ながら、そういった本質的でない部分を公募価格に反映させるのは
企業に対して著しく不公平なことではないでしょうか。
もし、買い主体の大多数である「買いたい個人」なんかに公募価格を決めさせたら
それこそ目茶苦茶なことになります。それは透明性以前の問題です。
透明だから妥当であるとは全く言えないのです。
いくら透明でも妥当とは言えないのなら、透明性を高めても、本質的な問題は
解決できません。

>本来は正当な理由で公募株価に反映されるべき要件が良い場合も悪い場合も十分に
>考慮されず、説明もなされずにBBの価格幅が決られてる可能性すらあります。

そうです。しかし、そういった部分を反映して透明性を確保して仮条件を決めても
今回の公募割れ3社の価格は下がったとは言えません。むしろ、この公募価格のほうが
企業の価値を反映していると言えるかもしれませんよ。

IPOの初値予想を出している会社のコメントを見ても、割高だからという理由で大きく
評価を下げたところはありませんよね?
地合いが悪いから、100株単位は人気がないから、直前の企業の初値が予想を
大きく下回ったから、そんなことが理由としてあげられていたりします。
そんな企業の本質と全く関係のないところを理由に公募価格を下げられては、
上場する企業もたまったものではありません。

1年、2年たって、これらの公募を大きく割った企業が公募値を回復していれば、
この価格設定は間違っていなかったということになります。ですから、今回の
公募割れ自体はプレヒアリングの不透明さが原因とは言えない、と思います。

>その上で需給上、相場の過熱を招くことは有り得ますが、それは一時的な現象かも知れ
>ません。過去の多くの相場では時間と共に適切な株価水準に修練されることが
>多いことに注意して相場に参加して下さい。と注意喚起すれば良いのでは?

それは今でもIPO購入に際してはやっていると思います。むしろ投資家が
欲に目がくらんで聞こえていないだけなので、これ以上徹底することは
無意味に近いと思います。IPOの過去の値動きを見るなどということは、
それこそ個人が人にいわれなくともやるべき初歩中の初歩ですから。

結局「そうですね」さんのおっしゃられていることは一貫して「透明性の確保を」と
いうことで、私の主張しているのは、妥当性とはなんぞや、ということですので、
お互い全然矛盾していないように思います。噛み合わなくてすいません。
 

意見は判るが説明は必要

 投稿者:そうですね  投稿日:2008年 2月19日(火)11時09分55秒
  たけさんのご主張の意図は判ります。
ただまともなプレヒヤリング、私の理想と考える公開型ヒヤリングには意味があります。
今はプレヒヤリングにどの機関投資家が参加したのかどういう意見がでたのか?
すら公開されていません。
しかも、建前では意見を述べる機関投資家はバイサイドつまりは買う気のある機関投資家
ということになっていますが、これすらも強い疑念があります。

本当は買う気などない機関投資家、しかも主幹事が選別して都合の良い機関投資家だけ。
こう思われても仕方がないヒヤリングだから問題なのだと思います。
実際、F社の相場参加者予想でも主幹事証券以外の参加者で上場直後に買う投資家は
個人投資家だけという銘柄が殆どです。
だからこそ、買う気のない、主幹事だけに都合の良い発言をする機関投資家だけに
意見を聞く手続きであるなら問題だと思うのです。

少なくともプレヒヤリングにはどの機関投資家が参加し、どんな意見を出したのかを
明らかにすべきです。ただ、意見を聞いたと言うだけの手続き報告では意味がありません。
というか、それすらもなく我々がプレヒヤリングは行われてるはず?という単なる想像
という感じですらあります。

機関投資家の社名が公表され、どんな意見を言ったのかが公表されることはとても
意味のあることだと思います。社名を公表された途端にその機関には責任が発生するからです。
実際に買うか買わないかは別としても買う気のある立場を明確にし、責任を持って
この会社は確実に現時点でこれだけの価値があるから公募株価は幾らが妥当と責任を
伴う意見表明になります。

>ユビキタスの08/03予想EPSは3238円,BPSは16264円でした。
これを同業他社と比較して妥当な仮条件を決めたはず。とおっしゃいましたが?
私は必ずしもそうではないと思います。
確かにIPOには地合いが大きく影響します。だから期間リスクに見合う割引もなされます。

でも、この銘柄のケ-スでは地合いが大きく変動しなければ当然人気化し公募の2倍以上
だろう?とは十分想定できたのでは?
ただし、この銘柄に限らずそう想定できるのには理由があるはずだからです。
例えば、同業他社と比べると利益成長率が高いからだとか?財務基盤が強いだとか?

本来は正当な理由で公募株価に反映されるべき要件が良い場合も悪い場合も十分に
考慮されず、説明もなされずにBBの価格幅が決られてる可能性すらあります。
ヒヤリングを充実したり、公開にすることでこれらの歪みをある程度改善できる
可能性もあると思います。

それでも、公募株数が少ないから需給的に過熱相場になり易い銘柄は当然出てきます。
それはそれで公募株価自体はそういうこととは別の適正なものだということを
十分に説明することが必要です。
その上で需給上、相場の過熱を招くことは有り得ますが、それは一時的な現象かも知れ
ません。過去の多くの相場では時間と共に適切な株価水準に修練されることが
多いことに注意して相場に参加して下さい。と注意喚起すれば良いのでは?

説明され、判った上で短期な投機相場に参加したい人まで止めることはできませんから。
大切なのは胡散臭さの排除、十分な説明、開かれた情報開示だと思います。
 

難しい問題です

 投稿者:たけ  投稿日:2008年 2月19日(火)10時03分3秒
編集済
  プレヒヤリングが形骸化しているかどうかというのは私は分かりませんので、
仮に事実だとします。
では、今回のような大幅な公募割れが、プレヒヤリングをまともにやっていない事が
理由なのかというと、それは必ずしも当てはまらないでしょう。

なぜなら、同業他社と比較した妥当株価と初値とは、強い関連があるとは
言えない場合が多いからです。
今回の場合、特にIPO市場の冷え込みが顕著で、公募価格に少々の
割安感があっても誰も買ってくれないという状況です。
その時に、仮に機関投資家が割安だと思っても、目先上値が重いのが見え見えで、
下値もどこまで行くか不透明、その状況で買えというほうが無理があります。
それは割安割高以前に、安く買って高く売るという「投資」の原点であり、
最重要視されることだからです。

逆のパターンを考えてみればその意味がはっきりします。

去年上場のユビキタスは、公募が10万円で初値が40万円です。
もし、プレヒヤリングによって初値を意識した価格付けをせよというなら
40万-期間リスクで30~35万が妥当株価なのでしょうか?
初値の乖離で妥当かどうか判断するならそういうことになりますよね。
仮条件が発表された時点で、おそらく100%近くの人が、初値は倍以上
行くと思ったのではないでしょうか?ということは、明らかに想定初値
よりも「不当に低すぎる」公募価格設定だったわけです。

しかし、ユビキタスの08/03予想EPSは3238円,BPSは16264円でした。
仮条件上限が10万というのは、当然この業績を参考にしていると思われますが、
これは間違った価格設定なのでしょうか。
もしそういった需給を意識した公募価格を考えろと言うならば「間違っている」
ということになります。

でも、それもまた問題が多いと思います。IPO市場の地合が過熱しただけで
ありえないような高株価での公募価格設定も「妥当」ということになりますから。

プレヒアリングをしっかりしろという意見に反対するつもりは毛頭ありません。
ただ、いくらしっかりやったところで、仮条件設定は業績を根拠にして設定する
べきだと思うし、地合の悪化によって、割安な水準にまで放置されてしまう=公募割れ
という状況が頻発してしまうのは、ある程度は仕方ない、それこそ地合を読まないで
ブックする投資家の「自己責任」なのではないか?と思います。

私は直近の公募割れ3つはブックをしていません。大西、博展はブックして獲得しました。
IPOの公募はリスクのある「投資」です。投資家自身がきっちり地合を読んで参加
すべきです。まだ世に出ていない無名企業への超ハイリスク投資なのですから。
 

プレヒヤリング(追加意見)

 投稿者:そうですね  投稿日:2008年 2月18日(月)12時15分51秒
  どうせならこのプレヒヤリングを一般個人投資家も参加できるオ-プンなものに
して欲しいです。
そもそも一部の機関投資家だけが上場前に詳しい説明が受けられるのが甚だ疑問
公開ヒヤリングにした方が良いのでは?

公開ヒヤリング前にネット上に公募株価を除く、目論見書(案)を事前開示。
その資料の詳細説明とその時点の妥当な公募株価の説明を行い、
広く公開で機関投資家と個人投資家に意見を聞く。
その模様はネット上でリアルでも録画でも見れるように公開する。
ネット上からでもリアルな質問を受け付ける。

こんな風に公開にして欲しいものです。
目論見書ベ-スの資料以外に公募株価算定の根拠となる資料、妥当と判断する
過程も当然開示して欲しい。

その上で上場日までの機関リスクに見合う割引を施したBBを行うべきなのでは?
これをやればIPOへの不透明感はかなり緩和されると思います。
IPOに参加し易くなるのでは?!
 

プレヒヤリング

 投稿者:そうですね  投稿日:2008年 2月18日(月)11時30分36秒
  通称、ロ-ドショ-のことですよね?
これは本当に形骸化してると疑わざるを得ないですね。
それどころか不当な公募株価を正当化するための便宜的装置と課してるとすら感じます?

特にこれの疑念を強くさせたのが、中小証券ばかりではなく、最大手のNやDなので深刻です
そもそもこのヒヤリングに参加してる機関は上場直後のIPO株の売買をしなかったり、
資本金や売上高や上場市場に制限を設けて実質上場直後に売買しないところばかりなのでは?

意見を聞いた機関投資家が自身の判断を重視して予想株価より安ければ(地合いも考慮して)買う気のある機関投資家なら意味があります。
しかし実態は恐らく違うのでしょう?
端に買う気もないのに(従ってやる気などない)主幹事証券の説明に賛同し、妥当だと意見を述べるだけなのでは?
それどころか実際には割高だと思ってるのに相場に参加するわけではないので主幹事証券との付き合いが最優先。
主幹事ヨイショのために主幹事に都合の良いヒヤリングとなってのでは???

そういう疑いをどうしても抱いてしまいます。全く信用できません。
そんなことをしてたら公募でIPO株を引き受けてくれる投資家なんていなくなります。
その疑念の打開には公募株価設定の過程をもっと公開にすべきだと思います。
どの機関からどんな意見を得たのかを詳らかにすべきではないでしょうか???
そしてその機関が買う気があるのかないのかも開示すべきでは?

公募株価の算定方法の詳細をもっとオ-プンにし、適切な地合いリスクを見込んだ
割引がなされていると明示されることが必要だと思います。
 

プレヒアリング

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 2月16日(土)21時55分0秒
編集済
  プレヒアリングとは、1989年4月のブックビルディング方式の入札制度導入に伴って開始された制度で、バイサイド機関投資家のアナリストとファンドマネージャーに対し、企業が目論見書の範囲内で会社説明を行い、適正株価(フェアバリュー)を評価、その評価を仮条件決定に反映させるという試みである。
具体的には、幹事証券会社と企業が同行して機関投資家を個別訪問するのが一般的である。通常10数社の訪問を実施するが、これがしっかりと行われずに形式だけで終わっているのではないか?とする疑問の声が多い。
IPOは期間リスクや、価格形成が無い事もあり、POよりもディスカウントされた仮条件をプレヒヤリング後に決める。
東洋ドライルーブでは、2,200円~2,500円の仮条件が決められた。
上場時に売り気配となり、1,900円になってもファンドマネージャーは買ってこない。
プレヒアリングは本当に実施されたのか?の疑問となる。
株式市場に不透明感があると、個人投資家は市場を去ってしまう。
北畑隆生事務次官が言う「丁半博打の世界」となってしまうからだ。
昔は、個人投資家の株式市場への参加比率は高かった。今の方が個人の金融資産は多く、株式はインターネットでも買える時代であるのに・・・
 

(無題)

 投稿者:ごもっとも  投稿日:2008年 2月11日(月)11時59分21秒
  日本経済新聞2月11日 10面

「IPO専門家養成 アメンド、来月から講座」
広告コンサルティングのアメンド(東京・港、尾坂和彦社長)は新規株式公開(IPO)に関する専門家を養成する講座を三月に開講する。
実務に即したカリキュラムを通して厳格化する上場審査などに対応可能な専門家を養成する。
講座名は「創己塾エキスパート養成講座」。内部統制や資本政策などの分野ごとに公認会計士などの専門家が指導する。
各分野が終了するごとに筆記試験やリポートを課し、学習度を確認する。評価はABCの三段階で格付けし、講義を担当した講師名で修了書と実務スキル証明書を発行。転職時に実務能力が証明できるようにする。
上場基準は年々厳しくなる一方、株式公開を支援する専門家が不足している。
金融庁は四月にも金融の専門家を育成する指針を発表する見込み。
開講期間は九月までの半年間。ビジネスパーソンが受講しやすいように平日夕方に開講する。
アメンドは三月以降、二ヶ月ごとにM&Aや企業再生、証券化などの養成講座も開講し、金融分野の専門家育成を支援する方針だ。

講座概要
http://souki-juku.net/expert/gaiyou.html

カリキュラム
http://souki-juku.net/expert/curriculum.html
1.ディスクロージャー制度の整備
2.適正な経営の実現とコーポレートガバナンス
3.内部統制構築の実務
4.資本政策の実務①~資本政策の策定
5.資本政策の実務②~資本政策の実施
6.公開に向けての準備と審査資料作成の実務①~公開審査と提出書類
7.公開に向けての準備と審査資料作成の実務②~Ⅰの部作成
8.公開に向けての準備と審査資料作成の実務③~Ⅱの部作成
9.公開前後の諸問題
10.情報公開とIR
11.子会社公開
 

八方尾根スキー場にて

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 2月10日(日)14時56分23秒
  長野オリンピックが開かれた八方尾根スキー場は、様々なコースがあり日本を代表するスキー場である。平日に滑っていて感じる事は、日本人よりも外人の方が多いと言うことである。白人系はオーストラリアから来た人、「サマーバケーション」と笑って見せた。バージンカフェで「あっ、日本人もいる」と思ったら話す言葉は韓国であった。リフトに乗せる従業員まで外人の所もある。「ノバで失業してココに来たか」と冗談も本当に聞こえる。
私は昔、ゴンドラに2時間並んで乗ったことがある。その時は日本人ばかりであった。一体、みんな何処へ行ったのか?
この光景は何処かの市場と似てはいないか。
某大手証券の公演者は「日本を一番よく知る人の、市場参加が減った」と嘆いていた。
デイトレーダーですか???
日本の舵を取る人が、そんな低い視点で大丈夫かな・・・
 

経産次官「デイトレーダーはバカで無責任」講演で発言

 投稿者:どん研究所  投稿日:2008年 2月 8日(金)12時53分39秒
編集済
  経産次官「デイトレーダーはバカで無責任」講演で発言
経済産業省の北畑隆生事務次官が講演会で、インター
ネットなどで株売買を短期間に繰り返す個人投資家の
デイトレーダーについて「最も堕落した株主」「バカ
で浮気で無責任」などと発言していたことが分かった。
北畑氏は7日の記者会見で発言内容を認め陳謝した。
------------------------------------------------
朝日新聞2/8より。
バカで無責任な次官は、守屋だけではない(大呆れ)。
下記のような内容だったらしい。
------------------------------------------------
デイトレーダーについて「経営にまったく関心がない。
本当は競輪場か競馬場に行っていた人が、パソコンを
使って証券市場に来た。最も堕落した株主の典型だ。
バカで浮気で無責任というやつですから、会社の重要
な議決権を与える必要はない」と発言。デイトレーダ
ーに適した株式として、配当を優遇する代わりに議決
権のない「無議決権株式」を挙げ、上場解禁を唱えた。
 

餃子

 投稿者:通りすがり  投稿日:2008年 2月 2日(土)08時55分44秒
編集済
  証券、建築基準、偽装等々、はしゃいでるのは役人とマスコミだけ。
ポストと天下り先がまた増える。
 

中国だけではない

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 1月31日(木)22時11分18秒
  冷凍ギョーザの食中毒事件は、毎日マスコミを賑わせている。
おかげでサブプライムが出てこなくなり株価はあがっているが・・・
殺虫剤が入っていたらしい。たぶん野菜などの残留農薬ではないだろう。
加工工程での混入であろう。
日本の食品会社ではPL法の施行もあり、異物除去に金がかかっている。
某トップメーカーでは、原料から異物を除去する為に色彩選別機を1台数億円をかけて導入する予算が検討された。導入しても生産効率が上がる訳でもない。工程が増えてコストが上がるが品質が優先された。
また、最終製品が出て行く前に重量検査の他に、金属探知、X線検査も加わった。
しかし、機械での検査には限界がある。これらは100%ではないのだ。
大切なのは作業者の意識である。作業中は私物を持たないという約束であったが、パートの女性は飴玉をポケットに入れていた。製品の箱作り作業で箱の中に落ちてしまった。
現場責任者は、直ぐにポケットのない作業着に変えた。
作業を終えると道具などのチェックをする。1つでも無くなっていると、責任者は夜もゆっくり眠れない。
 

ドイツ語会話

 投稿者:ドイツ語ファン  投稿日:2008年 1月29日(火)19時10分33秒
  ドイツ語会話力を磨くドイツ語の個人レッスンをカフェ等で提供!
ドイツ出張の準備や大学でのドイツ語文法の習得にも必見。
http://www.cafetreff.com/character.html
 

かろうじて間に合ったFOMCの利下げ

 投稿者:どん研究所  投稿日:2008年 1月23日(水)18時51分42秒
編集済
  昨日1/22の東京市場の場中、NYダウの先物は、600ド
ルのマイナスだったらしい。放置すれば、NYダウは、
その程度下げ、世界の同時株安がさらに増大する可能
性がある。このため日経平均が先物主導で急落した。

そのような状況になったので、FOMCは緊急利下げ。
NYダウは、120ドルの下落ですみ、今日の同時株安
は起きなかった。

今日の日経平均の上げは、昨日1/22に先物を売った連
中の買戻しが主らしく、実需は少ないとの声も..。
以上は、マーケットイレブンでの話にプラスα。
 

株式投資、恐怖の報酬は?

 投稿者:どん研究所  投稿日:2008年 1月16日(水)11時49分3秒
編集済
  名画「恐怖の報酬」、油田の大火災の消火のため、危
険なニトログリセリンを運搬する4人を賞金付きで募
集、彼らは2台の運搬車に乗り込み、現場へ向かう。
何しろちょっとした刺激で、半径100メートル程度は、
完全吹き飛ぶ。次々と襲いかかるトラブルを克服し、
男たちが一獲千金を夢見て危険な仕事に挑んだ報酬は?

株式投資も目的は同じ、一獲千金。ちょっとした刺激
で資産のほとんどは吹き飛ぶ。このところ次々と発生
する下落要因。困難を克服した結果得られる報酬は?

今朝は、最大の下落要因がやってきた。私は、恐怖に
震えながら、寄りで2銘柄の買いに向かった。このと
きの日経平均の下げは前日比-350円。その報酬は?(笑)
 

今年の上場予定企業

 投稿者:どん研究所  投稿日:2008年 1月15日(火)00時05分34秒
  日経ベンチャーの1月号によると、今年の上場予定は、102社。
 主な企業は、
  成田国際空港   イーバンク銀行
  主婦の友社    西武ホールディングス
  外為どっとコム  カルビー
  ウィルコム    三井生命保険
  日本旅行     ヤッパ
  三菱アルミニウム
 

話題になっていたブログ

 投稿者:いちろーメール  投稿日:2008年 1月14日(月)20時27分15秒
   「ほいみん」さんと「ほいみ」さん。2人とも天才です。
http://takechan.ameblo.jp/
http://blog.livedoor.jp/hoi_mi/
 

お疲れ様でした。

 投稿者:浅やんメール  投稿日:2008年 1月14日(月)14時52分52秒
  昨年は、株式投資で損を出す人が多かった様です。
新年会と言えば、以前は会場に入りきらない心配をした時もありましたが・・・
流石に、今年も来られた方達は利益が多いですね。
IPOだけでなく投資方法をよく研究されており、関心しております。
カニは美味かったです。高級料亭で修業された事はありますね。若竹、フキノトウなど初春のメニューをアレンジされてました。
早く、株式市場でも春を見たいものです。
 

おつかれさまでした。

 投稿者:ぼむー  投稿日:2008年 1月14日(月)14時05分35秒
  またお会い続けられるように今年も一年頑張らないといけませんね。
カニも美味しかったです!
 

お疲れ様でした。

 投稿者:プリンスメール  投稿日:2008年 1月14日(月)08時01分5秒
  浅やん氏、及び参加者の方々、どうも有難う御座いました。
また、皆様とお会いできることを楽しみにしています。

http://blog.goo.ne.jp/ageishi_001/e/d21dddec34c6f0dedbcb0253437e7e17

 

レンタル掲示板
/17