teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


感銘を受けます

 投稿者:AQ-BOY  投稿日:2008年 7月13日(日)10時14分24秒
   桑田投手の生き様は本当にすごいものがあります。
 生きるためになにをするか、野球を続けていくためになにをするかなど考えて実践して、反省を生かしまた実践する。
 子供心というのも大事な部分で、小さいころに親がどういう道筋を作るか、それを子はどういう受け方をしているのかなど、今の親子にないものを桑田投手から考えさせられます。
 政治不信が叫ばれている昨今、凶悪な事件の元凶は家庭環境にあるという新聞コラムなどを読むこともありますが、果たしてそれだけでしょうか?
 家庭、地域、学校、という単位での助け合いがなければ人はよく育っていかないと思うものの、インターネットの普及で情報が蔓延して、人々は考えることを止め、ネットからの情報を考えた結果としている人がいかに多いことか・・・
 考えるという情操を辞めつつある現代の若者達と疲れきった中年や若年の労働者
 「真面目に働けばよいことがある」という当たり前のことが、今の日本では当てはまらない
 怖い世の中になりました。
 
 

波乱万丈を見て

 投稿者:仁志  投稿日:2008年 6月30日(月)13時14分27秒
  昨日テレビで波乱万丈「桑田真澄」を見ましたが。スターて一朝一夕で生まれる者ではないあれだけに成る為には物凄い苦労があって生まれたとのこと、前から憧れの選手でしたが改めてフアンになった、三、四年から野球を始めたらしいがそれが父のスパルタ教育だったらしい、父の構えたグローブの所に投げなさいと言うこと、そこえ投げないと執ってくれない外れると、その為ボール拾いに父の後ろへ走って行き拾い元のところまで戻り投げ直す、とにかく父のグローブに入る迄投げたそうだ、あまり獲ってくれないので、後ろからぶつけてやろうと思ったことは何べんも有るそうだけれども出来なかったそうだ、そこで考えたことは父が取れないくらい早い球や、強い球投げようと思ったそうだそうすれば父に勝てるそこまで小さい子でいて思ったとのことそしてそれが出来たとのこと、この間母の後押しもあって何とか続けられたそうだ「お前望んで始めた事だ補欠でも控えでもいいではないか」これが母の言葉なそうだ。またテストでも何が何でも百点でなくてもいい十点でも次に十二点でも十三点でもいいではないか、それが進歩でその代わり常に努力をする事だ毎日が努力の積み重ねである、初めてチームに加わりボール拾いから始まるが、たかがボール拾いと思わず、早く拾うとか早く返すとか
一つ一つが選手になる為の道のりである事を頭においてすることだ走る捕球と投げるどれ一つとっても大事な練習であるとの事、自分の場合投げる形がコーチの目に留まり投手になるきっかけにつながったとの事、まだまだあるが、とにかく目標を決める次に努力一にも二にも努力であるそれにより結果が自然について来る。もっと書こうと思っていたが一日たつとなかなか思い出せなくて。ただ一生懸命することにより見る人は見ていてそれなりに納得する評価してくれるし、調子のよいとき悪いとき、励ましたり、ブレーキをかけてくれたり本当の友達がだんだん増えて来るそうだ、友達のふりして足を引っ張る人も居るからなとも。
しかしどれも見極めるのは自分だから責任は自分にある、良くも悪くも。
 

「子ども教育委員会」に載った子供達の叫び

 投稿者:AQ-BOY  投稿日:2008年 1月15日(火)20時59分13秒
編集済
  ・ボクへの関心は成績だけですか?
・メールをしながら私の話を聞かないで。
・あんまり心配されると心配になります。
・大人もまちがえる事があるからちゃんとあやまってもらいたい。
・勉強しなさいばかり言わないで。
・いそがしいのはわかるけれど、もっとお話してください。
・ぼくを他の子と比べるのはやめて下さい。
・いじめられている子いじめている子に早く気づいて!
・もうちょっときびしきしてほしい。悪いことをしたらきちんと怒ってほしい。
・パパは、はたらきすぎ。もっとぼくとあそんでほしい。
・自分の思うように子どもに押しつけないで下さい。
・みんな大人に文句を言うけど心の中は大人を信じているのに。
・できないと決めつけないでぼくを信じてください。
・お父さんに早く帰ってきてほしい。いっしょにごはんを食べたい。
・おかあさんがいつもおこるからおこらないようにしてほしい。
・いそがしいのはわかるけど、もっとお話してください。
・ぼくたちの心の中のほんとうの気持ちを聞いて下さい。
・パパは、はたらきすぎ もっとぼくとあそんでほしい。

新聞紙上に出ていた「子ども教育委員会」に載っていた小学校3年生から6年生の子どもたちの叫びです。
子育てしているときには、このような言葉や文面が目に入らなかった自分をいまさらながらに反省しています。
 

地球環境の危機

 投稿者:AQ-BOY  投稿日:2007年 2月23日(金)06時06分45秒
編集済
  最近、「不都合な真実」というドキュメンタリを見た。
クリントン大統領時代の副大統領ゴア氏がパーソナリティをつとめた映画。
Co2などの温室効果ガスの増大は、地球規模で温暖化を進め、これがために氷山や永久凍土が溶け出し、海水面が上昇。
それが、異常気象、巨大ハリケーンの発生、生態系の変化に繋がる。
これらの危機的状況をスライド等により説明していく様は、まさに、将来訪れるであろう恐怖の事実を伝えるのに充分。
赤道まで来て暖められた海流は、氷のある極点方向に流れることで冷やされ、その海流がまた赤道方向に戻る。そうして、各地区の気候が保たれていたこれまで。
宇宙から降り注ぐ赤外線は、その大半が大気圏で反射されるが、残る地表に来たそれは、北極の氷に反射することで、太陽からの直接の熱を防いでいる。
しかし、その氷がなくなると直接地表や海面に赤外線が降り注ぎ一層の気温上昇が始まる。
それが何を意味するか
そして、これは、今後50年以内に確実に、そして、人類から見れば、急激にその変化にさらされるだろう・・・と
近年のハリケーンや旱魃、水害は、その序章なのかもしれない。
日本でも今年の暖冬は、異常と思っていたが、これがすべての始まり・・・と思うとさらに恐怖が。
日本もほとんどが海面の下に・・・日本沈没が映画だけの話でなくなるとしたら。
「2050年までに夏の北極海から氷が消えます」の一言をどう考えるか。
次の世代に渡す地球はどうなるのか。
便利になった代償は・・・あまりにも大きい。何か自分のできることを一つでも。

http://www.futsugou.jp/

 

少欲知足

 投稿者:仁志  投稿日:2007年 2月15日(木)11時06分13秒
  人生の現在地ーー立松和平著より

欲を少なくして足るを知るーー道元の言葉なそうだ。
ほんの少ない欲望で満足することが人間の幸福につながる、少ない欲望だからこそ、そこには心地良い満足感がある。そのような事言い表している、なそうだ。
しかし現代人はこの反対の生活を送っているようだ、とのこと。
 

よみうり寸評より

 投稿者:仁志  投稿日:2006年11月27日(月)15時46分37秒
  卑怯を憎む心
これをきちんと育てないといけない。
藤原正彦・お茶の水女子大学教授は少年期にそれを徹底的に教えられた。
父の作家・新田次郎氏は「弱い者いじめの現場を見たら、身を挺してでも弱い者を助けろ」
「見て見ぬふりは卑怯だ」「弱い者を救う時には力を用いてもよい」と教えた。
ただし五つの禁じ手がある。
一つ・・・大きい者が小さい者をぶん殴っちゃいかん。
二つ・・・大勢で一人をやっつけちゃいかん。
三つ・・・男が女をぶん殴っちゃいかん。
四つ・・・武器を手にしてはいかん。
五つ・・・相手が泣き、謝ったらすぐにやめなくてはいかん。

禁じての理由もすべて「卑怯だから」。
この父の教え、藤原さんの著書「国家の品格」にある。
遠く少年時代を思う。かつて男の子は「卑怯」と言われることを一番の恥としていた。
そういう空気よ、今いずこ。
毎日のニュースを見る、聞く、とき何でどうしてと思う。
家族が飯台を囲み食事をする、隣組で「結いこ」で作業をする、上級生や小さい子供と仲良く遊ぶこんな風景が見えなくなった、そんな感じがしてならない。
 

法語カレンダーより

 投稿者:仁志  投稿日:2006年 3月20日(月)12時00分10秒
  心に響くことばーーー北塔光昇

表紙ーーーいま光が、とどいたのではない、光に遭わなかっただけだ。

一月ーー人の悪はとがめるが、自分の悪には、気がつかない。
二月ーー念仏は苦悩を、避けるのではなく、乗り超える力。
三月ーー驕りは(おごり)人間を滅ぼし、争いは世界を滅ぼす。
四月ーー愛されていない命は一つもない、尊ばれない命は一つもない。
五月ーー浄土への道は、彼方ではなく、私の足元にある。
六月ーー仏の願いはそのまま、私の願いはわがまま。
七月ーーいま聞き、いま、うなずき、いま念仏申す。
八月ーーほんとうの自分に、出会えない人生は、むなしい。
九月ーー拝む手に、つたわるみ名の、あたたかさ。
十月ーー当たり前と、思っていたことが、有り難いと、気づかされる。
十一月ー人生は、聴聞を続けることで、広く深くなる。
十二月ー迷信に惑わされ、正信を見失うことなかれ。
 

ちょっとサボってましたが

 投稿者:AQ-BOY  投稿日:2006年 1月17日(火)05時43分3秒
  最近、ブログの更新が主になりひとりごとをサボってました。
自然災害の脅威が叫ばれている最近。大雪被害は死者100人を超えたそうです。
異常気象という表現だが、この発生原因が人類の禍根であることは間違いなさそうです。「後世に伝える」という言葉は、文化遺産等に伝われてきたようだが、今では、生物が生息できる大地を伝えることが最重要なのでしょう。
社会貢献という大きなことはできなくても、ポイ捨てしないなど、小さくても常識的な行動を一つ一つしていきたいですね。
リサイクル、ごみ減量・・・まだまだあるかな?
地震の恐怖も去っていない。阪神大震災からあれから11年経ちました。皮肉なのかその今日、耐震偽装関係でヒューザー社長が国会に証人喚問される。
建設業界関連業で生きている自分にとっては、業界の悪いニュースが出ることは、残念です。寒い日が続きますが、しっかり食事を取って宮崎賢治の「雨にも負けず・・・」の如く、健康にも留意し一年を過ごしましょう。今年1年、皆が元気で過ごせますように。
 

お久しぶりです!!

 投稿者:みっしぇる  投稿日:2005年 9月11日(日)01時06分13秒
  最近、しばらく前から始めた仕事が中々思い通りに行かず苦戦続きで仕事の厳しさを肌で感じております。それでも、自分自身のため・応援してくれる皆さんに報いるため努力しております。応援してネ。
さて、今日投票日になりました。前スレで選挙について書き込みがありましたので、私も意見させていただきます。
今回の選挙の争点「郵政民営化」はて??
私は民営化賛成派ですが、公社化してまだ二年?民営化の予定はまだ数年残っていたはず。さて?前倒しの理由がわからん?○泉さんの任期中に?
イヤイヤ、消費税は確か前回か前々回の選挙で絶対上げないと○泉さんが公約としていたはずがいまや、○泉さんの任期中は上げないという言葉にすりかわっている。次期政権では消費税増税を行うとあのボンクラ幹事長が演説していた。
また、霞ヶ関の官僚をどーのとか言っていた○泉さんが今回の選挙の落下傘で官僚を候補者にするとは、私のウニみたいな脳みそでは到底理解できません。
さて、皆様今の日本はどちらに向かっているのでしょう? 昔、戦時中にいつか神風が吹いて敵を蹴散らすと言いながら民意を煽っていたようだが、最近の地震や台風・集中豪雨はどう見ても神国に向いているようだが・・・・。
皆様、明日の日本は誰が築くんでしょうね?
 

ただ前を見て

 投稿者:AQ-BOY  投稿日:2005年 8月24日(水)20時51分2秒
  政治は、主張。ただ、政教分離は当然と今でも思っている。
リーダシップを持ち、深い洞察力で日本と若者と、経済を引っ張ってくれる人が出てほしい。何より、国と自分の将来が見えないと自分の勉強している、あるいは働いている理由がわからなくなり人生設計が立てられなくなる。
夢は、その時々で変わっても、常に持ち続けることができ、しかも、叶えることに向って邁進できるような時代であってほしい。また、そのために、サラリーマンは、必死でがんばる。
 

レンタル掲示板
/8